2008年08月05日

着付け8

妹の結婚式当日。

練習の甲斐あって、(それでも1時間かかったけれど)、何とか、無事黒留めを着て、出席できた。

この年(・・・40代)になると、洋装のフォーマル選びは難しくなる。

着物にして正解だったなあとつくづく思った。

さて、お次は、次男の卒園式。



文化祭が終わると同時に、講習会もいったん閉講になるのだけれど、希望者は、「OB会」といってお月謝を払いながら、続けることができる。


この段階では、もう、自分の着たい着物で練習をする。

お茶会を控えてる人は、小紋とか、不意の不幸に備えて喪服とか。

私は当然、訪問着。

みんなの持ち寄る着物を拝見するのもいい勉強になる。

講習の最後には、ちょっとしたお茶の時間を設けて、〜千家とか習っている生徒さんのお手前で、一服いただいたりして、お茶の作法も少しかじることができるのも楽しかった。

習った着付けを、定着させるにはこういうお稽古事もすればいいのだけれど・・・・そこまで気力とお金がない自分がちと情けない・・・

posted by ふつみ at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。