2008年10月24日

着物の事

もうすっかり着物にはまって、けれど、あれこれ集めたくなるのをひたすら我慢する日々・・・お金ないもん・・・・

でも、色無地がほしいなあ・・・・

文字通り、柄の無い、一色だけで染めた生地の着物ではあるが、地模様というか織り模様というか、光の加減で浮かび上がる模様がとても上品。

なので、お値段もとてもいいのである。

あきらめよう・・・・

月々の講演会を見に行くためには、まだまだ必要最低限の着物を揃えなければならないのだから・・・

「単」とか「薄物」である。

6月は衣替えで、「単」を着るようにする。

7・8月は「薄物」、麻とか紗や絽といった生地の着物である。

全部無い!!

当然帯も、小物も揃えなければならない・・・・


が、その前に

入れ物が無い!!!

なんだかんだで、結構、和装物が増えてきて、タトウ紙やら風呂敷やらに包んだまま部屋の隅に放置してある。

・・・箪笥を買わねば・・・・

早速、家具ショップを検索し、激安桐箪笥を購入。

そして、夏物。

紗と絽の着物と帯も買った。

さあ、もういいだろう。

こうして、一通りの着物の種類はそろったのである。

後は、上手に着まわせば、長々着れるだろう。
posted by ふつみ at 20:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。