2008年11月12日

着物5

10日程して、今度は次男の小学校入学式。

この日も天気に恵まれ、初めて買った訪問着を着て、出かけて行った。

入学式は、和装のお母さんが結構いた。

何人かとは事前に「着る?着よう!!」なんて探りを入れあっていて、お互いの着物姿を披露。

末っ子の入学式だから、一度は着ようと思ってたけど、上の子の都合で、とうとう着れなかった・・・と残念がってた人もいた。

それでも、独身時代に着物にはまっていたという人が結構いて驚いた。
もったいないことに{着付け師}の資格まで持ってる人もいたけど、「もうカビてるかも…」と、何年も袖を通してないとか。

やはり、着つけは時間がかかるからねえ…私も家事もしなきゃだから5時起きだったし・・・

美容院の予約とかも大変だしね。(私はショートヘアなので自分で適当にセットできる)

さて、着物のママさんの中には、成人式で誂えた振袖の袂を切った着物を着てきた人がいた。

振袖を留袖にするのは、よく言われることだけれど、昨今・・・ここ何年かでは「無理」になってきてるという。

というのは、振袖の反物は{振袖用}として、デザインされているからとのこと。

確かに、色はくっきり濃いめの色が多く柄も華やかで、豪華。

帯も、帯上げ、帯締めも鮮やかで、豪華で、振袖専用になっている。

袂を切ったところで、あの柄の豪華さは、留袖としては派手すぎるという風になってしまうらしい。

現にその人のも、濃い色合いで、柄も全身に行き渡るくらいある。

濃い色の訪問着なんかもあるにはあるが、比べてみれば、やっぱり派手だった。

なので、振袖は着たいなら買わずに、レンタルして、嫁入りの時に訪問着等を誂えたほうが良いようである。

振袖を誂えて、将来留袖にしたいなら、よほど柄選びに気をつけないといけない。

私の持ってた振袖も…留袖には向かなかったとつくづく思う・・・

ほんとに、着物って、いろいろ制約みたいのがあって…敬遠されちゃうよねえ・・・もったいない。





posted by ふつみ at 22:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。