2009年09月10日

旦那の財布

おお!!久々のブログ。ヽ(゚◇゚ )ノ

半年以上も開いてしまったたらーっ(汗)・・・・自分時間ではついこの前のような気がするけれど・・・・・(-""-;)

いろいろあった・・・・( ̄ー ̄;)
ネタのストックが出来たとして少しづつ更新していってみようと思います。

とはいっても、まずは昨日の事から。


旦那の財布がそろそろ寿命だ。


およそ13年前に社員旅行で行ったグアム土産のヴィトン「モノグラム」の財布。


もう本当にぼろぼろで、リペアサービスも受けられないだろうと思うほどくたびれているので、買い替えようという話になった。

私は機能重視なので、自分の使い勝手に合うならブランドも何もこだわらないが・・・っていうか、1000円くらいでも気に入ればいいって性質なので、買い物ついでにいいのを見つくろってこようか?と打診すると

「ダメ!!財布は絶対ヴィトン!!」( ̄^ ̄)


と、思わぬ裏切りにも似た返事が返ってきた。(;°皿°)


はあ?!(((( ;°Д°))))

日頃すっごく無頓着なむさくるしいおっさんが、何こだわってやがる。

(-""-;)



「安い財布は紛失率が高い!おれも昔1000円くらいのを買ったけど、公衆電話をかけた時、置き忘れて無くした!!」

・・・・それは、多分に性格とか、まあ本人の気質によるものだと思うけど・・・

現に、13年目のありがたいぼろヴィトンだって、何度も置き忘れの憂き目にあってる。


「それでも無くならない!」という訳のわからない主張をしてくる旦那にとうとう折れて、来月はちょうどぴかぴか(新しい)「結婚10周年」ぴかぴか(新しい)という、こちらとしてはひたすら忍耐だった記念日を迎えるので、プレゼントしてやるか、と買うことにした。


まず、希望のタイプを聞くと「長財布にしようかな」というので即却下した。( ̄^ ̄)


粗忽者に長財布を持たせるなんて、この上なく危険で無駄なことはない。



結局、現在使ってるタイプと全く同じものにする。(仕様が変われば、使いづらい!とか後からブーブー言い出すにきまっているからだ。


あとは柄


これも当然「モノグラム」がいいとか言ってきたが、45にもなるおっさんが持つ柄ではない!

13年前はまあ許せる範囲だったかもしれないが、こちらとしては勘弁して欲しい。

持たせてる妻としての世間の評価はどう?とっても気になる・・・・

なので、エピ、タイガ、シカゴなどのシンプルなものを薦めると・・・

>「ヴィトン!!ってはっきり分かるのでないと嫌だ!!」ヽ(`Д´)ノ




馬鹿か!!こいつ!!??((◎д◎ ))

もう何度この言葉を復唱し続けてきたやら・・・・何度復唱していくのやら・・・


絶対モノグラムは買いたくない!!じゃ、残るはダミエ・エベヌ・・・

と思ったらダミエ・グラフィットという黒ダミエがあ〜ったじゃあ〜りませんか!(°∀°)b


カタログ見せると「ああ、それならいい」と快諾したので、これに決定!!

5万・・・・・・財布に5万・・・・・(T_T)



旦那も高えなあと言っていたが、日本国内にいる限りしょうがない。

近々に海外旅行に行く友人知人親戚は無い・・・


高え、なんていいつつもブランドにこだわるんだからしょうがないじゃないか!!と、怒鳴りつけて、百貨店に買いに行くわけで・・・┐( ̄ヘ ̄)┌



そうそう、財布談議をしてるとき、この馬鹿旦那


「俺と財布は13年の付き合いなの、奥さんとはまだ10年。付き合った年数、深さ、愛着が違うの!」


とぬかしやがった。(((( ;°Д°))))




蹴りくれてやりましたがね、当然(^-^)

posted by ふつみ at 13:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。