2008年10月22日

着付け12

「源氏物語千年紀」の講演会は、月1で12回行われるとのこと。

そのつど会費1500円也ではあるが、月ごとのテーマに合わせ、平安時代の調度品、装束などを展示したり、実際、身につけたモデルさんが、現れたり、物語に出てくるお香なども焚くので、当時の情景に思いをはせることができ、とても趣き深いものである。

そういった「舞台」で学園長が解説し、講話の終了後は、ちょっとしたお茶席とお香席が設けられる。

「香道」というものを実際経験するのは初めてであった。

香木は縦長の湯飲み茶碗のような香炉で焚いてあり、それを左手で支え持ち、右手で蓋をするように覆い、親指と人差し指の間に作った隙間からそっと香りを嗅ぐ。

そして、少し顔を香炉から背け、これまた静かに息を吐き出すのだが、このときの姿勢が香炉に耳を寄せるようになるので「聴く」と表現されるとのこと。

香りを聴く、「聴香」である。

風情があるね。

お茶席は、美味しいお菓子もいただけて、その時に使ったお道具類や部屋の設えの解説なんかもあって、勉強になる。

他のお客さん方もほとんどが和装なので、色々な着物や帯も見ることが出来るのはとても楽しい。

まさに、浮世の憂さを忘れて・・・・という状況である。

2時間ほどの夢の世界の後の帰り道、足取りのなんと重いこと・・・
posted by ふつみ at 22:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

着付け11

私は振袖を持っていた。

妹が二人いるので、使い回しがきくと判断し、思い切って買ったものだ。

けれど、結局、私が着ただけで、箪笥の肥やしになっていた。

年末のころ、講師の友人に、着物学園で振袖用の帯の「変わり結び展示会」をするので、着物を貸してほしいと頼まれた。

もちろん快諾。

20年以上も箪笥の中で眠ってた振袖に久々に日が当たった瞬間だった。

展示会は盛況で、色とりどりの振袖をきた20体ちかい和装ボディがこれまた、色々な形のアレンジ結びの帯で飾られていて、とても綺麗。

私の振袖も、おしゃれな帯を締めてもらっていて、満足げだった。


展示会が終わった後、私は友人に振袖を譲ることにした。

今後も同様の展示会に使ってもらったほうが着物のためにもなると思ったからである。

昨今着物のリフォームブームがあるが、結局切り刻んで、ドレスやら小物類にするわけで、「着物」の形ではなくなってしまう。古着屋に売っても、所詮「生地」扱いでキロいくらってんじゃなんだか切ない。

たまに、ハサミをいれずに色々工夫して、ドレスにする、なんて方法も紹介されたりするが、・・・・・

着て行くような所が無い!!

セレブでもあるまい庶民にとって、「パーティー」なんてまったく縁が無いわけで。

今までもこの先も、もう誰も袖を通すことがないので(うちは男児ばかりだし)、和装関係で有意義に活用してもらったほうがずっといいだろう。

こうして、今まで邪険にしてしまっていた振袖は幸せな旅立ちをしたのである。

今年の春、違う展示会で、また綺麗に着付けてもらっていた。よかった、よかった。







posted by ふつみ at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

旦那について・・

・・・ずっと「着付け」についてつづってきたわけだけれど、今日は衝撃的なことがあったので、ちょっと・・・

うちの旦那、前から世事に疎いなあと思うことが頻繁にあるのだけれど・・・

さ来月、子供たちの通う学校で音楽会なるものがある。

その出し物について夕食時に話していた時、長男は「ハメハメハ大王」の合奏をやるといった。

それを聞いて、旦那が
「ああ、カメハメハ〜〜〜〜!ってやつか」といった。

ここまでは、なんら問題ない。

ただ、「ハメハメハ大王だよ、有名な王様じゃん」なんて私が突っ込みいれて、「カメハメ波は、それをもじってつけたんだよ」といった後・・・旦那が・・・

「ああそれでか。俺、昔{プライド}で、選手の一人がカメハメハ〜ってやって、客席が受けて、何だあれって思ったけど」

と、妙なこと言い出した。

「?何?」と私。

「猪木のダーーー!!ってのと同じやつ(パフォーマンス)だろ?」

・・・・・・・

「はぁ?違うよ、ドラゴンボールだよ」

「なにそれ?」


ぎゃあああああああああぁああああぁあああああ!!!!



「ドラゴンボール」を知らない人間がいたあああああぁ嗚呼ああ!!

うっそだろぉお!?

マジ知らなかった、旦那。

だって、次男は今どっぷりはまってるんだよ、DVDだって借りてきたし、学校物の袋物だって、全部その生地で作ったんだから。

同じ屋根の下に暮らしてて、普段から家中にあれだけキャラグッズが転がってるのに・・・・

信じられない!!

とんだ珍獣を見たよ。

早速子供たちに、わんさと持ってるゲームカードを見せて説明してやれといった。

いやいやいや・・・ショッキングな出来事だった・・・

ちなみに「アラレちゃん」は知っていた・・・


posted by ふつみ at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

着付け10

早速、着物のショップを検索。


キャアアアアアアアアアアァアアア!!!!



あるあるあるある!!すごい品揃え!!

見てるだけで、幸せな気分になるくらい!!

だが、的を絞らねば・・・

激安・丸洗いOK・小紋(袷)などのキーワードを入れて検索。


それでも、店頭で探すよりははるかに多い品数。

予算(5千円以内・・・orz)で買える物を探す。


目当てのものを探すのに、目移りして、散々迷って、徹夜しかけたこともあった・・・

いろいろなショップを比較しているうちに{5千円以上お買い上げ、送料無料!}というお店を見つけた。

新品でありながら、どれもすっごく安くて、さすがに、売り切れマークが多いが、残った中でも、結構好みのものがあったりするので、いまだにこのお店は利用している。

講演会に着ていく着物も無事ゲット!!

嬉々として、出掛けたわけである。

・・・・・もうすっかり着物にはまってしまった・・・(安物だけどね・・・)
posted by ふつみ at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

着付け9

OB会に通いだして、とある日。

講師の友人の勤める着付け教室で、「源氏物語千年紀」にちなんだ講演会を催すから、観に来ない?と誘われた。

学園長が、源氏物語に造詣深く、いろいろ集めた道具や衣装など月に一度、一年間にわたって、趣向を凝らし披露するという。


それは是非!と参加することにした。

が!!

やはり着物で出かけないと格好がつかない・・・(せっかくだし)

この前買った激安小紋は、柄が「秋物」・・・

年を越してからではちょっとなあ・・・と欲が出てきて・・・

またぞろ買う羽目になってしまった・・・・



けれど、なじみの呉服屋には、もう、これといったものがない(予算内では)

・・・・どうしよう・・・・

オークション・・・・が頭をよぎったが、打ち消して・・・

あれ?そういえば、オークションショップの片隅に通販の文字も・・・




てなわけで「ネットショップ通販」への道が開けてしまったわけである。
posted by ふつみ at 20:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

着付け8

妹の結婚式当日。

練習の甲斐あって、(それでも1時間かかったけれど)、何とか、無事黒留めを着て、出席できた。

この年(・・・40代)になると、洋装のフォーマル選びは難しくなる。

着物にして正解だったなあとつくづく思った。

さて、お次は、次男の卒園式。



文化祭が終わると同時に、講習会もいったん閉講になるのだけれど、希望者は、「OB会」といってお月謝を払いながら、続けることができる。


この段階では、もう、自分の着たい着物で練習をする。

お茶会を控えてる人は、小紋とか、不意の不幸に備えて喪服とか。

私は当然、訪問着。

みんなの持ち寄る着物を拝見するのもいい勉強になる。

講習の最後には、ちょっとしたお茶の時間を設けて、〜千家とか習っている生徒さんのお手前で、一服いただいたりして、お茶の作法も少しかじることができるのも楽しかった。

習った着付けを、定着させるにはこういうお稽古事もすればいいのだけれど・・・・そこまで気力とお金がない自分がちと情けない・・・

posted by ふつみ at 21:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

着付け7

11月に、妹の結婚式。

黒留めを着るわけだが、そうすんなりといかない・・・・

着物に、下拵えをしなければならないのである。

黒留めの襟は、比翼仕立てになっている。重ね着して見えるように白い襟が縫い付けてある。

普段はぴらぴらしているものを、着付けたとき、大体5ミリくらい襟元から覗く様にするわけだが、どうせならと調整して縫いつけるのである。

この生地が、結構硬くて、なかなか針が通らない。

途中まで縫い付けて様子を見ると・・・・波打っちゃってフリルのよう。

駄目だこりゃ!

布団針なみに長い針で、一生懸命やり直して・・・・何とか、格好がつく程度にはなった・・・・

着物って、こんな風に、襟の付け直しやらなにやらあって、やっぱり面倒・・・

やめたい・・・でも着たい

揺れる気持ちを抱えて、えっちらおっちらと歩んでゆく、着物道である。
posted by ふつみ at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

着付け6

もう、着物の購入はしなくていいと思った・・・・


が!!



「文化祭=今年度着付け講習会閉講式」の打ち上げをやろうという話になって・・・(毎年やってるとのことだけど)


どこかのレストランで、「着物で」ってことで・・・

煤S( ̄0 ̄;ノ




こういう時はいわゆる「小紋」と言う着物を着る。
ごく普通の外出着である。


これも、持ってない!!;

。(;°皿°)



母のだとやはり趣味が違い過ぎる・・・



仕方ない、また、例の店に行って調達。
(T_T)



ただ、今度は正絹物ではなく、化繊の丸洗いOKの、激安既製品だ。


それと帯!!


小紋には、袋帯か、名古屋帯だが、私は袋帯しかなく、しかも、フォーマル用なので、合わない。


これまた、化繊の激安品を買った。


化繊とは言うもののかなりの目利きでなければ、見分けられない。

それに、「着物は柄」とも言うし。


そこそこいい柄を選んだと思う。

( ̄∀ ̄)




これで、着物で初お出掛けの準備もできた。

(°∀°)b



そして、フランス料理のこじゃれたレストラン。

とても上品な気分で楽しめましたであることよ。ホホホ・・・

posted by ふつみ at 21:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

着付け5

・・・オークション・・

実は、この少し前、旦那はオークション詐欺に遭っている。

(ノ◇≦。)



振込み先を偽メールですり返られ代金を騙し取られたのだった。


うーん・・・( ̄_ ̄ i)



迷ってると、「気をつければ大丈夫」(°∀°)b

と説得力も何も無い言葉・・・( ̄^ ̄)


ま、とりあえず、オークションサイトを覗いてみる事にした。



キャー〜〜〜〜〜〜〜!!

(≧▽≦)

帯がいっぱ〜〜〜〜〜〜い!!!

ヽ(゚◇゚ )ノ



選ぶだけで、一苦労。


ショップの物に絞って、評価を見て・・・


100円スタート!とかいうので、お気に入りを見つけた。


最初は会員登録に手間取って逃してしまった・・・

(°Д°;≡°Д°;)



数日後、同じ物が出て・・・落札!!


けれど、落札が深夜に及ぶことや、心臓に悪いこと(笑)、手数料やら何やらが高くつくこと・・等で、結局、これ一回でオークションはやめてしまった。。(´д`lll)


ま、でもこれで、卒園式用は揃った。


もう買わなくてもいいかな。(*´Д`)=з


が、着物道は、まだまだ私を解放してはくれなかったのである。

(((( ;°Д°))))




posted by ふつみ at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

着付け4

黒留め用の帯を買ったとき、頭をよぎったのが、次男の卒園式に着る訪問着が無いってこと・・・・
(-""-;)


とりあえず、どんな物があるか、ついでに見せてもらったが(当然低価格の)、仕立て上がりの在庫品は地色が黒っぽいものしかない。
(>_<)

薄い黄緑か、黄色のものが欲しいと思ったが、それだと反物からとなる。

誂えても、別のお店に比べるとはるかに安いのだが・・・・私的には無理・・・帯も買う予定だし・・・)(T_T)


仕方なく、もう一度、既製品を物色して、ようやく薄い藤色のものを見つけた。


おお!結構いいじゃん♪


落ち着いた柄で、この先、歳をとっても着れそうである。

(°∀°)b




究極の選択のような買い方だが・・・着物って高いもんねえ・・・しょうがないと割り切るしかない。

だけど、残念ながら、この着物に合う帯が無かった(予算内で買える範囲では)( ̄_ ̄ i)


とりあえず留袖用の帯と訪問着を買って、帰った。


家に帰って・・・訪問着にどの帯がいいか手持ちの帯を合わせて見るが・・・しっくりいかない。

出来れば・・もう買わずに置きたい・・・(>_<)

ぶつぶつ言ってると、旦那が

「オークションで買ってみれば?」


(゚Д゚)!!


・・・悪魔の囁きであった

アクマ

posted by ふつみ at 21:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月12日

着付け3

さて、着物は振袖と喪服ぐらいしかない私は、当然着付けのお稽古のために着物を買わなければならない(-""-;)


幸い、姑の行きつけの呉服屋が、型遅れのようなものをたくさん取り扱っていて、しかも安い!!(°∀°)b

この事に関してだけは、姑に感謝だ。

しかし、安いとはいっても、最初の課題の「浴衣」は、まだ全然シーズン前で、やっと店頭に並び始めたところ・・・・

品数はないし、値引きもされない・・・( ̄_ ̄ i)

何とか、妥協して、一番安いのを買ったが・・・不満が残る・・・



けれど、このお店では、お稽古に必要ないろいろな物を揃えてもすごく安上がりにすんだ事は良かった。(^−^)♪

とりあえず、講習も無事受られるようになったし。



何とか、課題をこなし、文化祭に向けての準備の頃。

黒留めを着る私は、母親の着物を引っ張り出し、帯もある中で、一番派手な物を持っていった。

が!!・・・ここで、駄目出し!!(((( ;°Д°))))

実家のタンスの肥やしになっていた袋帯は三本。

一つは私の成人式用ので、明らかに留袖向きではない。それは分かった。

もう一つも、誰のために用意したのか、「かわいらしい」感じの物なので、違うと思った。

残り一本。

結構豪華な刺繍が施された物だったので、「これかな」と思ったのだが・・・

「これは駄目!!」( ̄^ ̄)

と、監修に来ていた友人のさらにお師匠さんに言われてしまった。

黒留めの帯は「金地か銀地」。

そうなのか・・・( ̄□ ̄;)

私の持って行ったのは柄こそ格調高げではあったけど、薄いピンク地

違うことは分かったけど・・・では、この黒留め用の帯はどこなんだ!?(;°皿°)

着物を誂えたら、一緒に作るのが普通だろう?


実家のどこにも・・・無い。(°Д°;≡°Д°;)


おっかさん・・・何締めて行ったんだ・・・・(-""-;)

・・・結局帯を買うことになった。

とはいうものの、例の店で2万5千!!(^O^)
和装類の値段としては、破格過ぎるだろう。


ああ・・・ほんとに、いいお店があったものだ。


:*:(^_^)v:*:

posted by ふつみ at 21:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

着付け2

浴衣の着付けは、下に、肌襦袢をつけてからだったけど、たれものの場合、さらに、長襦袢をつけてから・・・

長襦袢を綺麗に着付けないと、あとに響く・・・

「長襦袢を制するもの、着物を制する」は個人的な座右の銘となった。

帯結びは基本の袋帯による{二重太鼓}。

・・・難しそう・・・ふらふら

が、ここでお助けアイテム登場!!手(チョキ)

というか、これは着付けの先生の流派の違いによるものなのだけれど・・・

友人が、着付け講師の資格を取り、今現在も通っている教室で考案され、製作された

「簡単、帯枕」である。

今回の講習を受けるにあたって全員が購入したのだが、これがすこぶる優れもので、ど素人でもすぐ「お太鼓」や「二重太鼓」が出来る。ワンタッチ帯など買わなくてもいい。わーい(嬉しい顔)

講習会のコンセプトが「一人で喪服が着れる」なので一年に満たない期間の中でも十分基本的なことが出来るようになるのである。

さらに、いろいろ覚えたい人は、OB会に入って、手結びや変わり結び、着せ付け等の技能が学べる。


帯が簡単にできるというのは、とても楽で、着物を着るのが楽しくなる。かわいい

早く、覚えたくて、家でもしっかりおさらいをした。

ちょうど、妹の結婚式がせまってたので、ここはひとつ「黒留め」を着ようではないか!!と欲も出て、必死だったのもある。

喪服の着付けも順調に行き(帯枕サマサマハートたち(複数ハート)

秋は、地域の全講習会の{文化祭}。

せっかくだからと黒留めの着付けで舞台に出してもらった。

翌月には結婚式。かわいいぴかぴか(新しい)

実践練習・・・ってところか・・・

時間はガッツリかかったけれど、無事、黒留めを着て、親族席に座ることが出来た。(着物はまたも母のだが・・・形見として、式に着ていけてよかった・・・)


文化祭が終わると、とりあえず閉講でお終いとなり、続けたい人はOB会員になる。

私の場合、これまたちょうど次男の卒園式を控えていたので、「着物で行くぞ!!」の決意のもとOBになった。
posted by ふつみ at 21:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

たとえば、習い事:着付け

着付けを習ったきっかけは、舅の葬儀だった。

嫁入りに喪服は持たされたけど、ずっとタンスの肥やしで・・・

けれど、義姉の「喪主の妻は喪服着なきゃ」の一言で用意はしたものの、子供が熱を出したので、洋装で済ませてしまい・・・ふらふら

翌春、友人に地域の習い事教室で着付けを教えるけど、頭数揃わないので、名前貸して、と頼まれた時、おお!これはチャンス!!と生徒になった。

浴衣から、始まる着付けメニュー。

習うと決めたはいいけれど・・・・喪服以外持っていないし、お金も無い・・・がく〜(落胆した顔)

母に作ってもらったのは・・・おお、中学の時だ!ひらめき
身長は当時とさほど変わってないので、早速実家から持ってきて、練習。

おお!着れた!わーい(嬉しい顔)

とりあえず、クリアるんるん

次のお題は「たれもの」・・・どういう漢字をあてるのか分からないけど、訪問着とからしい・・・

これこそ、買うのは無理!!

なので、母親のを使った。

母は私より背が低かったので、身幅は間に合ったが、袖がやはり短い・・・

まあ、いい。練習だし。

といったところで今晩はおしまい。






posted by ふつみ at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。